なかなかタイムが縮まらない時は?

 だんだん慣れて来ると走る度にタイムが伸びて楽しい時期が続いた後、おそらくですがなかなかタイムが伸びない壁が見えると思います。

ただ、タイムの壁が存在するのは自分だけで、他の人は易々とそのタイムを超える。

はっきり言って誰でも通る道なのですが、これはそもそもの勘違いが原因になってることがほとんどです。


じゃぁ何を勘違いしているのか。

速く走るためにアクセルを開ける

これを勘違いしてるのです。


まぁ解るには解るのですが。そりゃアクセルを開けないと前に進まないし、前に進まないと当然タイムは縮まらないので結果的に一生懸命アクセルを開けるという風になってしまいます。

タイムの出し方が根本的に間違っているのです。


グランツーリスモ等をやると解ると思うのですが、タイムを出すために絶対守らないといけないのは「アクセルを開けること」ではなく、「レコードラインを外れないこと」です。

上手い人が周りにいればやってみてもらうとわかると思うのですが、

「頑張ってアクセルを開ける走りと、レコードラインを守る走り、両方大体同じタイムで走ってみて?」

と実演してもらうといいと思います。

レコードラインをゆっくり走った方が余裕がある走りになると思います。


要は優先順位として本来、
レコードラインアクセルを開ける
であるところを
レコードラインアクセルを開ける
と勘違いして

  • 曲がりきってないのにアクセルを開ける
  • ブレーキが間に合わなくなるまでアクセルを開けっぱなし

となってしまってるのです。


はっきり言ってこの勘違いに気がつくのは至難の業で、一番手っ取り早いのは誰かに走りを見せて教えてもらう・実演してもらうことです。

ほかの記事でも時折、「コースに入ってまずやることは定速でど真ん中を走る」だとかいろいろ書いてますが、結局最後にたどり着くのは「どのくらいの速度だとレコードラインを外さず走れるのか?」という一点です。

もうちょっとで○○秒が切れる!

とか目の前ににんじんがぶら下がってるとなかなか初心に戻れない物ですが…
初心忘れるべからず
です。

一度初心にもどってゆっくりレコードラインをトレースしてみましょう。
アクセルは「レコードラインを外さない」範囲で操作する様にするとほぼ確実に壁を乗り越えられると思います。



コメント