ユニバーサルシャフトの組み方

 TC-01組み立ての途中でも簡単に書きましたが別ページ化

左右の親指と人差し指で90度傾けて同じ物をつまんだ形

というのがユニバーサルシャフトの基本形ですが、いろいろ改良されてRCカー用のユニバーサルシャフトは現在お椀にボールを突っ込んだ様な形をしています。(たしか96年か7年ぐらいにアメリカMIP社がCVD(等速)ユニバーサルとして販売されたのが原型のはずですが、見ての通り形状の差だけで等速ではありません。どっちかというと異物に強い点にメリットがあります)

以前は隙間から芋ネジで十字の部品を留める様になっていたので、基本的に回す方向に指定はなかったのですが、

  • グリスが付く部分にネジロックつけているとはいえネジ止め
  • 回転部分に芋ネジを差し込むのでバランスが崩れる?

というようなデメリット?が有ったのか、現在は針金で留める様になっています。

この針金、引っかけているだけなので方向指定があるのですが…レースに出るような人はきちんと組まれてますが、そうでない場合は意外と逆につけてる人が居ます。

では向きはどう判断すればいいのでしょうか。

引っかける箇所が全体を引っ張る様に組む
画像を見ての通りです。
引っかける箇所が全体を引っ張る方向で組みます。

悪い例
気を抜くと逆に組んでしまうので車両に組み込んだら再度確認しましょう。
上の写真は車両に乗せる際に気がつきました orz

細かいところ気にし始めたらきりがないのですが…

ダブルカルダン(写真の様にジョイントが2つ存在する物)の場合、2つの針金を引っかける箇所は180度反対で引っかけた方がいいです。




コメント