TC-01にみんな大好きホビーウイングQuicRun-10BL120は載るのか?

 さて。TC-01を買ったのはいいけれど。

前情報で「かなりアンプを選ぶ」というのはどのくらい選ぶのかを見てみました。

説明書によれば、

タミヤのサイトにある説明書より

32mm以下ということですが、みんな大好きホビーウィングのQuicRun-10BL120はどうなんでしょうか。

なお、QuicRun-10BL120は一番短い面で、36mm。さてはていかに!?


by カエレバ


結論から言うと、「無理」

この10BL120、端子部分を含めると37mm(実測)あります。

で、レギュレーションでこのアンプが指定されているCカーからアンプを拝借して実際にのせてみた図がこちら。

限界まで詰めてみた

とりあえず、ステアリングポストがまっすぐに立ちません。

明らかに傾いている

とりあえず干渉してる場所は端子部分のみ。

載らないこともないが…
この上をステアリングワイパーが左右フリフリします。
コードが干渉。場合により端子とも干渉するかも

とりあえず、端子を削って、上に生えてるコード端子を下に付け替えれば載らないこともないでしょうが、現実的に無理と考えるべきでしょう。

おそらくですが、タミヤ説明書の32mmはステアリングとの干渉、およびシャシーロール時の干渉も考えた上で32mmなんでしょう。

ただ、タミヤのアンプ、コロナのおかげか、市場からきれいさっぱり姿を消して今現在中古で定価と同じ値段、新品は定価の1.2~倍はするんですよね…
また、通常のアンプであれば2A~3Aは有るはずのところ、タミヤのアンプはBEC出力が1.5Aと出力が非常に貧弱なため、比較的新しいサンワのサーボ(PGS~)がBEC出力で動かせない(そして私はサンワのサーボを使用している)という大問題もあります。
※わざわざタミグラ専用のサーボを出す(PGS-CLE)くらいタミヤのアンプは出力が弱い

う~ん…

とりあえず、私が出てる屋上のレースではレギュレーション的にタミヤTBLE-03Sか、今回無理ということがわかったホビーウイング10BL120の2択なんですが…

10BL120が物理的に無理な都合、TBLE-03S一択なので、サーボへの電源はBECではなくバッテリーから直でとるしかなさそうですね。

まぁそもそもTBLE-03Sは売ってないのですが。(2020年8月現在)

アンプはどっちなんでしょうかね。プラスをバッテリーから直でとらないといけない為、マイナスコントロールじゃないとバッテリーつなぐと常時サーボがスタンバイ状態になるわけですが。(信号は受信機からなのでスタンバイ状態で動きはしませんが。まさかRCでマイナスコントロールなんて考える必要があるとは…)

まずは当面、(昔たたき売りされていた時に購入した)古いLRPのアンプを載せてみようと思います。

by カエレバ


もうね。
エアコンの真下に設置した特設組み立て会場が一瞬でごちゃごちゃですわ…

コメント