サーボのサイズ

RCカーに使用するサーボのサイズには大きく3つ、種類があります。
ここで言うサーボは「車用」として販売されているもので説明します。
  • スタンダード
    一番デカいです。
    オフロード車やエンジンカーに用いられます。電動オンロードで利用されることはかなり少なくなってきました。
  • ロープロ
    ノーマルを薄くしたものです。
    サーボの出力軸を上にしたとき、高さが薄くなっています。それ以外のサイズはノーマルと一緒です。薄い分、ノーマルに比べ、(ギアの)耐衝撃性が劣ります。特別な理由がない限り電動オンロードはロープロサーボを使用します。
  • ミニ
    ノーマルをそのまま小さくしたような見た目のものです。
    主にトゥエルブカーで使用されます。
    逆にトゥエルブにミニ以外のサーボは基本的に使用しません。
10年前まではスタンダードサイズのサーボが主流で、ロープロサーボ自体がまださほど普及はしていなかったのですが、現在は(電動のオンロードにおいては)ロープロサーボが主流です。
どのくらい主流かというと、
天下の”タミヤ”がロープロサーボしか載らない車を販売する
です。

どうしても俺はスタンダードがいいんや!ロープロなんか嫌いや!
だとか
たたき売りされてるフタバS3003で十分!ロープロなんて高いの買えるか!
だとか
オフロード(orエンジンカー)で使うんや!
なんて言う理由がない限り、ロープロサーボの使用がもはや前提となっています。
経験者から見てもスタンダードサイズのサーボを買う理由がどこにもありません。

どのくらいスタンダードのサーボに使い道がないかというと、

受信機の下敷きになってるのがスタンダードサイズブラシレスサーボ

ランチボックスミニに、スタンダードサイズだという理由で余っていた高級ブラシレスサーボが乗る位、現在は使い道がありません。(ちなみに記事を書いてる私はオフロードもエンジンもやりません。あしからず。)

ちなみに各サーボの見た目はこんな感じ。
ロープロサーボ

ミニサーボ





コメント