センサーレスブラシレスとセンサードブラシレス

モーターの続きです。

ブラシレスには大きく分けて2種類あります。
  • センサー無しブラシレス
  • センサー付きブラシレス
外見の違いは下記画像の様に細いケーブルが伸びてるかどうか。

センサーケーブル

結論から言うと、RCカーはセンサー付きのほうが向いてます。
センサー無しも使えないというわけではないのですが、どうしても反応が遅く、荒い為です。

センサーがひつようなのかどうかはターン数の話で少し話した構造の話になるのですが、
ブラシモーターが物理的に「ブラシ」を介して電磁石の極性をひっくり返してる(パッシブ)のに対し、ブラシレスはローター(永久磁石)の回転を検知して、外側に配置された電磁石の極性をアクティブに入れ替えている為に必要な仕組みだからです。

センサー付きはセンサーを物理的に実装したもの、
センサーレスは回転時に発生する誘起電圧(要は発電した電力って事だ)を検出して位置を検出します。
細かい話は私もわからないので専門家に任せるとして。
どうしても専用の回路の方が早いデス。
結果、センサー無しはセンサー付きに比べ、反応が遅く、また加速もスムーズには出来ません。

ただし、タイヤのグリップという面においては
その制御の荒さによりグリップが稼げる加速時のグリップがイイというのもあるので一長一短ではあるのですが…
プロポの設定でなんとでもなるため現状、センサーレスを使用することは正直ありません。



じゃぁセンサーレスは全く使われないのか?というとそういうわけでも有りません。

現状はセンサー付きが大多数なのですが、
センサーやケーブルが壊れた時、リタイアしないですむようにセンサーレス「でも」動作するアンプが多いです。

ただ、
確かに走る事は出来るのですが、いろいろ意味不明な挙動(数周は持つけどしばらくすると加速しなくなる・有る特定のコーナーだけ速度が上がらない等)が多い為、
センサーレスモード」の存在と、センサーレスモードで動作するセンサー付きアンプは「センサーケーブルに異常が発生すると動きはするもののスロットルの挙動が非常に怪しくなる」事が多い事の2点はおぼえておいたほうが無難です。

センサーケーブルの異常は非常に見つけにくいので、
一本交換したら済むのに何人もよってたかってトラブルシューティングした結果、壊れた判定して新しくアンプを買うことになるためです。

コメント