モーターのターン数って何?

モーターってなんで回るの?
ってのは小学校の理科の時間で習ったと思いますが、
覚えてる?
「フレミングの左手の法則」の実例としてテストにも出てるはずです。
忘れた場合はおさらいしましょう。
学校の授業では実際にモーターも作った…んだったかなぁ??
エナメル線を芯に巻き付けた事ってありますかね??
自分が子供の頃はミニ四駆のモーターを自分でいじってたのであれですが…

ターン数っていうのは
芯に配線を何回巻いてるか?って事です。
10回巻いてたら10ターンです。
じゃぁ10回巻いた10ターンと、30回巻いた30ターンは何が違うのか。
線の太さがちがいます。
  • 10回巻いた10ターンは太い配線を10回巻いてます。
  • 30回巻いた30ターンは細い配線を30回巻いてます。
結果同じ大きさのモーターになります。
10回巻いた10ターンは配線が太い分、消費電力が多く、回転数が上がり、トルクが下がります。
30回巻いた30ターンは配線が細い分、消費電力が少なく、回転数が下がり、トルクが上がります。

話変わって、
現在RCカーの主流はブラシレスモーターです。
  • ブラシモーター
    小学校でならうアレ。永久磁石で挟まれた電磁石が回る。
  • ブラシレスモーター
    ブラシモーターの逆。電磁石で挟まれた永久磁石が回る。
の2つがあります。
細かい構造はさておき、ざっくり説明すると上記。

ブラシレスのターン数も同様、電磁石に巻いてる配線を何回巻いてるか?という話で、考え方は一緒です。
(ただしブラシレスモーターは高いので分解して配線伸ばして遊んだこと無いのでホントに10回巻いてるかは確かめたことありません)


「じゃぁ初心者に最適なターン数って?」
と言われてもわかりません。
コースによります。
取り合えずキット標準の540で慣れるまで走って、それ以降はコースにいる人達に聞くか、そのコースで開かれてるレギュレーションを見てみるのがいいと思います。

コメント